運転免許ローンの審査基準は?どこに申し込む?よくある疑問を解決!

これから運転免許を取りたいと思っても、費用を一括で支払わなければならないため、まとまったお金が用意できないと悩んでいる方も多いと思います。そんな方にオススメしたいのが「運転免許ローン」です。今回はこれから免許を取得する方に、運転免許ローンについて詳しく解説していきます。

免許取得に必要な料金相場

「普通自動車免許」を取得しようと思ったら、気になるのは料金ですよね?
免許を取るためには自動車学校に通いますが、通学と合宿でも料金は異なります。
通学で自動車学校に通う場合、卒業までの規定料金は東京都の自動車学校の場合、ATで29〜35万円程度、MTで30〜36万円程度かかります。(二輪などの免許を所持してない方の場合です。)
一方、短期で集中して免許合宿に行く場合は、料金は時期によって変動しますが、AT免許で安い時期なら20〜22万円程度です。しかも宿泊費、食費3食分、交通費も含まれている料金になりますのでとてもお得です。(教習所やコースによっては食事なし、交通費一部支給の所もあります。)

教習料金は自動車学校によっても異なりますが、それぞれ独自に定めています。そのため自動車学校の所在地や、経営状況などにより料金が異なり、料金の内訳は主に物価や人件費などが反映されています。また通学の場合、技能教習の補講や、修了検定・卒業検定の再試験などになった場合に追加料金が発生しますがその金額も自動車学校によって異なります。しかし免許合宿の場合は、保証がついている事が多く、技能教習の補講や、修了検定・卒業検定の再試験になったとしても追加料金がかかりません(年齢制限あり)。またそれに伴う宿泊の延期についても無料で泊まれる所が多いです。

さて、料金の事がわかったら早速、運転免許を取りに行きたいですよね?
しかし、すぐに教習料金を用意するのが難しい場合は、後から料金を支払うことができる運転免許ローンがあります!

運転免許ローンとは?

運転免許ローンとは、自動車学校に支払う教習料金をローン会社から借り入れて、借りた費用を後からローン会社に返済するという仕組みです。
運転免許ローンを借り入れできるのは主に銀行、信販会社、大学生協で申し込みができます。
免許合宿を紹介しているサイトでも提携しているローン会社があれば、免許合宿を申し込む時にまとめて審査することができるので余計に手間がかかりません。
では運転免許ローンのメリットや申し込み方法をご説明いたします。

運転免許ローンを組むメリット

運転免許を取りたいという方は大学生やフリーターなどの若い世代が多いため、運転免許ローンは若年層をターゲットにしています。運転免許ローンは18歳以上なら学生でも本人名義で申し込みができるのがメリットです。
ローンといっても運転免許のローン金利は比較的低く、「パルの合宿免許」なら3回、6回払いであれば金利手数料無料のキャンペーンも行っています!

分割手数料0円キャンペーン | パルの合宿免許
アプラスの分割払いご利用は今がチャンス! 今だけの期間限定で、6回払いまでの分割金利手数料が0円になるキャンペーンを実施中です! 25万円の合宿プランを3回でお支払いの場合、通常 250,000円×(2.31÷100円)=5,775円 の手…

またローンの会社によっては返済の開始時期を遅らせる「スキップ払い」という仕組みもあります。例えば、いまはお金がなくても、免許を取得してから就職後に給料を払いたい場合などに「スキップ払い」を使うといいと思います。もちろん支払いの回数を選ぶ事ができますので、毎月の返済額を考慮して計画的にご返済頂く事もできます。
「パルの合宿免許」でもスキップ払いのサービスのお申し込みができます。

▼詳しくはコチラ

いまはお金がないけど、早く免許を取りたいと思ったら、まとまった休みが取れる学生のうちに、まずは最初に免許合宿に行って、料金の支払いはローン払いにして、後から返済していくというのもオススメできる方法です。

運転免許ローンの申込方法と審査基準

運転免許ローンを申し込む前の準備として、安定した収入があることを証明する給与証明書を準備したり、申し込み要件に該当するか確認することが必要です。アルバイトであっても一定の収入があれば申し込みすることができます。またご自身は収入がなくても、親の収入があればローン審査ができますので親御さんにもご相談した上で、ローン審査のお申し込みをすることができます。
しかし、ローンを申し込んでも審査で落ちてしまう場合があります。例えば、安定した収入がない、他の会社で多額の借金をしていたり、以前に返済の滞納してしまったことがあるなどです。審査に落ちてしまった理由などはローン会社はいっさい教えてくれません。審査に落ちてしまった場合は、別のローン会社で審査することも可能です。しかしそれでも落ちてしまうことはあります。

また自動車学校に通う事が目的なので、免許を取るために必要な視力、聴力などの基準を満たしているのか確認することも必要です。尚、原付や二輪の免許を既に持ってる方であれば交通違反を起こしていたり、無免許運転などの違反をしてしまった方が免許取得禁止期間中に入所予定日を迎える場合は、ローンを利用できないので注意が必要です。

未成年者・学生でも運転免許ローンが組める!

年齢が18歳以上という条件はありますが、18歳以上であれば高校生でも申し込みできるところもあります。その理由は申し込みされた方が学生や未成年で、アルバイトもしていなく無収入であったとしても、親権者や保護者の収入が審査の対象になるため可能です。ただし、未成年者の場合は親権者や保護者の同意が必要です。

対象が大学生に限られる大学生協と銀行各社ローンに申し込む際の流れは、大体同じです。
申込用紙に自分の勤務先や学校の情報、住所、氏名、電話番号、返済に使う銀行などの金融機関名などの必要事項を記入します。金融機関への届出印(銀行印)や身分証明書(住民票、保険証、パスポート)など、申し込みに必要な書類が不足していると、再申請になりますので注意が必要です。

運転免許ローンのどこで組める?

運転免許ローンを申し込む先は主に3つに分ける事ができます。銀行、大学生協、信販会社、の3つで、早速それぞれどのような特徴があるのか説明いたします。

・銀行
銀行のローンは限度額が高いのが特徴で、金利は低めに設定されており、1%台〜4%台からと低いです。銀行の多目的ローンのようなものですが、お金の使い道が限定されていないため、審査は厳しく、未成年や学生が利用するのは難しいようです。ただし20歳以上で、アルバイトでの収入があれば申し込みができる場合もあるので、確認してみるといいでしょう。
銀行によっては、自動車ローンを運転免許ローンとしても利用できる所もあります。

・大学生協
大学生協のローンは大学生しか利用できませんが実質金利は9%台なので低めです。審査はあまり厳しくはないですが、親権者に連帯保証人になってもらう必要があります。また指定された免許合宿の用途にしか使えないなどの成約がありますので利用時には確認しましょう。

・信販会社
信販会社のローンは銀行等と比べると金利は決して低くはありません。
限度額は銀行のローンより低く、独自のポイント特典がある会社もあります。
以前に支払い遅延などのトラブルがなければ、審査は厳しくはありませんが、信販会社によっては、保証人または連帯保証人が必要になります。
免許合宿を申し込むなら、自動車学校をサイトなどで紹介しているサービス会社(自動車学校斡旋会社、エージェントなどと呼ばれています。)に申し込む際に提携している信販会社でローン払いを選べば審査のお申し込みができます。

「パルの合宿免許」ならお申し込み時にローン払いを選んで頂ければ提携している信販会社に申し込む事ができます。分割でも3回、6回払いなら金利手数料無料なのでとてもお得です!

分割手数料0円キャンペーン | パルの合宿免許
アプラスの分割払いご利用は今がチャンス! 今だけの期間限定で、6回払いまでの分割金利手数料が0円になるキャンペーンを実施中です! 25万円の合宿プランを3回でお支払いの場合、通常 250,000円×(2.31÷100円)=5,775円 の手…

運転免許ローンでよくある4つの疑問

運転免許ローンの種類や申し込み方法について解説してきましたが、皆様からよくお問い合わせ頂く質問についてご回答致します。

運転免許ローンに頭金の用意は必要?

いざ運転免許ローンを申し込む場合に、頭金が必要かどうか気になる方もいると思います。頭金が必要かどうかは、ローン会社によって異なります。

信販会社が取り扱っている運転免許ローンは、頭金が不要な場合が多いです。そのためまとまったお金を準備できない場合でも、ローンを申し込む事ができます。教習所の入校料も含めて、ローンでの支払いにできるケースがありますので、申し込みの際にまとまったお金がなくても問題ありません。

ローンを組む時に、頭金が負担に感じるかもしれませんが、支払うメリットとして金利負担や毎月の返済額を少なくできます。ローンの申し込みをする際は、頭金の有無どちらのお支払いが適しているのか、返済のシミュレーションを確認しておきましょう。

運転免許ローンの審査に通らないのはどんな人?

運転免許ローンは誰でも審査に通るわけではないので、審査に通るか心配だと思います。
運転免許ローンは一般的なローンと同じで、お金を借りる際には返済できる能力があるか審査があります。
以下のような方は審査に通らない場合があります。

・安定した収入がない社会人
学生の場合は、親御さま(世帯主)の収入に基づいて審査が行われる場合が多いですが、学生以外で安定した収入がない社会人の方は審査で落ちてしまう可能性があります。ローンの審査では経済的な信用が大きな審査基準となりますので、安定した収入がないと返済能力が低いと見なされ、審査に落ちてしまいます。安定した収入の基準としては、毎月給料が入り、年収で200万円以上であれば問題ないでしょう。

・過去に返済の遅延や滞納してしたことがある
過去にクレジットカードの支払いを延滞したり、カードローンの返済を滞納したりしてしまうと、信用情報機関にその記録が登録されます。信用情報機関とは、借入の利用状況を登録する機関で、そこには利用者の基本的な個人情報をはじめ、クレジットカードの借入金額や返済状況などの情報が登録されています。その記録を参照して、審査を行うため、信用情報機関に記録があると要注意人物と認識されてしまい、その記録は延滞による情報掲載は5年、債務整理だと5年から10年程度消えないため、その間はローンを組むのは難しいでしょう。

・他の会社で多額の借金をしている
現在多額の借金(借入)がある場合は、ローンの審査に通る可能性は低くなります。一般的には年収の3分の1以上の額を借り入れしていると貸金業法の総量規制ルールに引っかかるため、難しくなります。

審査に通りやすい運転免許ローンはある?

銀行の運転免許ローンは審査が厳しいため、未成年や学生の方は利用できないケースがほとんどです。信販会社の運転免許ローンは保護者の同意があれば審査が通る可能性があります。

保証人にはどんな人がなれる?

保証人には親や世帯主であれば申し込む事ができます。そのため親や世帯主に同意確認の連絡が行く事もありますので、事前に事情を説明して了承を得ておいた方がいいでしょう。

まとめ

上記のように、運転免許ローンといっても選択肢があり、いずれも一長一短があるので、自分が申し込みたい自動車免許取得プランや返済計画に見合ったものを選びましょう。

パルの合宿免許ならお申し込み時にローン払いを選んで頂ければ提携している信販会社に申し込む事ができます。分割でも3回、6回払いなら金利手数料無料なのでとてもお得です!

分割手数料0円キャンペーン | パルの合宿免許
アプラスの分割払いご利用は今がチャンス! 今だけの期間限定で、6回払いまでの分割金利手数料が0円になるキャンペーンを実施中です! 25万円の合宿プランを3回でお支払いの場合、通常 250,000円×(2.31÷100円)=5,775円 の手…