新型コロナウイルス感染予防対策と注意事項について

「パルの合宿免許」での新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止対策として入校を制限するケース、入校後の注意事項、また「パルの合宿免許」で提携している自動車教習所でのコロナ対策ガイドラインについて掲載しています。

入校を制限するケース

■37度以上の発熱(※1)、咳き込みや喉の痛み・頭痛など風邪の症状、倦怠感などの体調不良、味覚障害など、感染症が疑われる症状のある方(入校後に該当する症状が出た場合は教習中断の上、一時帰宅していただきます)

(※1)・・・教習所により基準となる体温が異なります。概ね37度以上となります。

■濃厚接触者、または濃厚接触者の疑いがある方

■保健所・検疫所・医師や行政関係者から外出を禁止、または控えるように指示を受けている方

■指定期間内に海外渡航歴のある方(期間は教習所により異なります)

■教習所の定めるルールに従えない方

教習所により、そのほか条件等がございます。

詳細は各教習所ページも併せてご参照ください。

※感染症拡大状況により、当ホームページに記載の条件等は変更になる場合がございます。

最新情報はお申込のお客様へ随時ご案内させていただきます。

入校後の注意事項

合宿期間中に行政より教習所の休業要請が出た場合、または感染者および濃厚接触者の疑いが出た場合は教習所の判断・保健所の指示等に従い、教習を中断し一時帰宅していただく可能性がございます。

一時帰宅に関わる交通費は自己負担となります。

公共の交通機関を利用できない場合は、ご家族の方が車で迎えにきていただく必要がございます。(もしもの時に、ご家族の方が車で教習所までお迎えにこられる体制でお願いいたします)

尚、教習再開の時期に関しましては、教習所との相談により決定いたします。

混雑等もございますので、必ずしもご希望通りの日程にて教習の再開をお約束することは出来ません。

転校をご希望される場合、転校先の斡旋や転校費用の負担はできません。

転校・途中退校等の解約による返金は、教習所既定の計算方法により返金額を算出いたします。

マスク着用や検温等、教習所のルールに従わない方・複数回注意しても怠る方は教習所判断により強制退校となる場合もございます(返金なし)

※感染症拡大防止の為、上記の通り合宿期間の延長や一時帰宅等の可能性がありますので、ご注意ください。

指定自動車教習所における新型コロナウイルス感染症の感染防止のためのガイドラインについて

「パルの合宿免許」で提携している自動車教習所は、日本指定自動車教習所協会連合会が作成した「指定自動車教習所における新型コロナウイルス感染症の感染防止のためのガイドライン」に基づき、創意工夫をしながら、感染防止の取り組みを実施しています。

ガイドライン概要

■入校前・入校時および合宿滞在期間中の検温の実施

■入口および教習所内の手指の消毒設備の設置

■マスク着用の徹底

■手洗い、咳エチケットの徹底

■対人距離の確保(ソーシャルディスタンス)

■教習所および車両内の定期的な換気・消毒

■症状のある人の入校制限・教習中断

■複数の人の手が触れる場所を適宜に消毒(ドアノブ、窓口カウンター、椅子の背もたれ、手すり、エレベーターのボタンなど)

■受付など、人と人が対面する場所にアクリル板やビニールカーテン等の飛沫防止対策

■食堂・更衣室など一度に利用する人数の制限

■教習所職員の体調管理の徹底

教習生や受講者の皆様方にも、教習所においてマスクの着用などのご協力をお願いすることとなりますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止のため、皆様のご理解をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

※注意※

上記の対策内容の詳細は教習所により異なります。

また、今後の感染状況により変更が生じる場合もございます。