合宿免許で延長する人っている?卒業予定日に帰れるのかな?

合宿免許は、2週間ほどの短期間で免許を取得できるという魅力あるものですね。

今回は合宿免許でよく聞かれる、

「本当に2週間で取得できるの?」

「延長してる人はいるの?」

というご質問のお答えします!

教習所で習う学科や実地教習を、補習することなく修了検定と卒業検定に合格できれば、2週間程度での卒業ができます。

そのためには、運転に必要なマナー・ルール、運転技術を勉強し習得しましょう!

学科教習では第一段階と第二段階に分かれているので、しっかりと講習を受けて試験に受からなければ次の段階に進めず、再試験を受ける必要も出てきます。

そうすると当然追加料金が発生し、費用がかさむのです。

そう…教習所で居眠りしたり、なまけていれば、試験の時に苦戦してしまいます。

そもそも短期間で習得するのが合宿免許なので、当然がっつり頑張らなければ仮免許取得ができず、期間延長となります。

合宿免許期間中は、教習はしっかり学び、空いた時間で気分転換を行うことが大事です。

そこで…

合宿免許で期間内に卒業するコツをお教えします!

・遅刻、早退、欠席することがないよう体調管理に気をつける。

・学科教習、技能教習で補習することがないようにする。

・修了検定、卒業検定に向けての自習をして検定対策をする。

まずは基本のマナーを守ることができなければ、そもそも期間内に卒業できないでしょう。

受講する基本マナーを守り、学科知識と技能技術について自習し習得することが一番です。

合宿免許に参加する前から日常でも「時間厳守」を徹底して対応できるように体調面での自己管理を行いましょう!

そして、学科教習、技能教習について予習・復習・自習することが、より早く卒業できるコツとなるのです。

自己都合での受講キャンセルやマナー違反、ルール違反は保証の対象外にもなりかねません。日程が伸びてしまうだけではなく延長料金が発生するので、費用も高くなります。

合宿免許は2週間程度で卒業できるから大丈夫と、合宿免許の前後に予定を組まないように注意しましょう。ギリギリのスケジュールは立てず、合宿期間後に予定を組まずに、余裕をもって合宿に参加するようにしましょう。

教習所のスケジュール内容を確認し、しっかり把握すること、そして技能教習の受講時間で、つぎの教習までに空いた時間は、予習、復習などしてみて下さいね!

どんな内容を勉強すればいいの?と悩まれている方は、次の教習内容について自習することをおススメします。

習得しておくといい学習内容

「運転についての基本的なマナー・ルール・常識についての知識」

「標識の種類と意味」

「教習本や参考問題書によくある、〇〇とは?についての意味」

「高速道路での運転知識」

「応急救護処置の知識」

「危険を予測した運転についての知識」

「ひっかけ問題」についてのポイントと対策」

・第一段階では、運転する上で必要なマナーやルールについて基本的な知識の習得をする!

・第二段階では、交通ルールやマナーと、交通事故防止について、そして高速での運転について、より専門店的な知識の習得をする。

学科試験においては、「ひっかけ問題」に注意してください!

本試験でも「ひっかけ問題」が出題されますので、「ひっかけ問題」への対策をしておき、「ひっかけ問題」に慣れておきましょう!

「受講しなければいけない時限数」と「一日に受講できる時限数」は全国共通で法令で定められているため、教習所のスケジュールが配布されたら、予習するなど知識を習得することがベストといえます。

教習所によって入校日が異なりますので、あらかじめ自分が入校したい教習所に確認し、自分のスケジュールを調整しておくこともおススメします。

心とスケジュールに、ゆとりをもって参加しましょう!